『東久邇宮国際文化褒賞』第25回記念式典は盛況の内終了いたしました
 今回はスポーツ界からの受賞者を含む5名の皆様に同賞がが授与されました。おめでとうございます。次回開催については追ってご連絡いたします。
 In the 25th Higashi-Kuninomiya International Award ceremony held on 24 June, We had 5 winners including an sport athlete. Conglatulations. The information about next ceremony will be announced soon.

平成28年6月24日
一般財団法人 東久邇宮文化褒賞記念会
代表理事  明川 文保


※本サイトは「東久邇宮国際文化褒賞」をご紹介するものであり、関連他賞の「東久邇宮記念賞」及び「東久邇宮文化褒賞」については運営主体が異なるためご案内しておりません。受賞申込み、お問合せの際は十分ご注意ください。


明川代表理事、韓国籍受賞者をソウルに表敬訪問

本年5月末日から6月3日まで、当財団代表理事の明川文保は韓国を訪問し、本褒賞の受賞者及び各界著名人とお会いしました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。
From 31 May to 3 June, Chairman Akegawa visited Korea to meet award winners and prominent figures of variety of fields. Click here to read the summary page.

平成28年4月22日開催、第24回記念式典受賞者から9名のご経歴を掲載

写真画像:24回受賞者
左から安樂友宏様、大久保敦司様、久保木満江様、嶋野文太様、鈴木稔様、津
田健三様、楊楠様、横田正弘様、若林由起夫様、です。詳細は受賞者紹介ページをご覧ください。

平成28年2月19日開催、第23回記念式典受賞者から3名のご経歴を掲載

  
左から趙成圭様、グエン トアン アン様、早田俊輔様、です。詳細は受賞者紹介ページをご覧ください。


 

国際的な視点から社会貢献を称える 東久邇宮国際文化褒賞

  • 『東久邇宮国際文化褒賞』の意義


    本事業は、東久邇宮記念会が主催する「東久邇宮記念賞」、「東久邇宮文化褒賞」の国際向け顕彰事業として設立されました。

    両賞は戦後初の宮家出身の首相である東久邇宮稔彦王の第一王子、東久邇宮盛厚王の御遺志をついで創設された褒賞です。その趣旨は、国民一人ひとりの小発明や功績を称え、それを褒賞として授与し、夢・希望・勇気・元気・やる気・自信・誇りを授けて、受賞者はもちろん国民全般の更なる飛躍を促すことにあります。

    上記顕彰事業は日本国民を褒賞の対象としてきましたが、日本の文化・経済活動が地球規模に至ったことを受け、国際顕彰事業としての新たな展開が求められるようになりました。そこで新たに設立されたのが「東久邇宮国際文化褒賞」です。


    東久邇宮関連褒賞の主な受賞者


    「東久邇宮記念賞」・「東久邇宮文化褒賞」の両賞において、受賞者は政官学界から民間までの各界に渡っています。その中から何名かの経歴とお名前を下記にご紹介します(*注1)。なお、経歴についてはごく一部のみを掲載させていただいてます。受賞者の詳しいプロフィールは「受賞者紹介」のページに漸次掲載する予定ですので、ぜひご参照ください。

    ・元総理大臣
    ・元総理大臣
    ・元総理大臣
    ・元トヨタ自動車社長
    ・元日刊工業新聞社社長
    ・ロケット研究家
    ・落語家
    ・元東京都知事
    ・小説家
    三木 武夫 氏
    中曽根 康弘 氏
    竹下 登 氏
    豊田 喜一郎 氏
    白井 十四雄 氏
    糸川 英夫 氏
    桂 米丸 氏
    青島 幸男 氏
    遠藤 周作 氏

    等々、受賞者は450名余を数えます。また、以下は両賞の国際的発展褒賞として新たに設立された「東久邇宮国際文化褒賞」の主な受賞者です。

    ・コロラド州立大学名誉教授
    ・伝統創作版画家/浮世絵師
    ・I&C慈善奉仕団体 会長
    ・元大統領経済担当秘書官(*注2)
    ・中国人民政治協商会議全国委員会委員(*注3)
    ・タイ王室顧問

    ・筑波大学名誉教授
    ・サンパウロ新聞社元専務取締役
    ・国連大学/東京大学客員教授
    ・早稲田大学第12代総長
    ・日本ビジネスインテリジェンス協会会長
    ・在ニューヨーク国連日本政府代表部
     元特命全権大使
    松島 喜一郎 氏 《米国》
    瀧 秀水 氏
    ダティン睛代 ロー 氏 《インドネシア》
    韓 準石 氏 《韓国》
    潘 慶林 氏 《中国》
    タナワン ブックワン 氏 《タイ王国》

    進藤 榮一 氏
    日下野 良武 氏
    高橋 一生 氏
    西原 春夫 氏
    中川 十郎 氏
    谷口 誠 氏

    その他、受賞者多数

    *注1:掲載するお名前の選択および順序については任意に行っています。ご了承ください。
    *注2:朴 正熙 元大韓民国大統領
    *注3:日本の代議士に相当

    『東久邇宮文化褒賞記念会』とその役割


    「東久邇宮国際文化褒賞」は2009年3月から始めて既に19回(2015年3月末現在)、東久邇宮記念会の吉村会長指導の下、本顕彰事業を続けて参りました。その最初の4年間を準備期間として、一般財団法人「東久邇宮文化褒賞記念会」を新たに設立しました。この過程で国連経済社会理事会がカテゴリーⅠとして認定するNGO(非政府機関)のDEVNET(本部:ローマ)との絆が結ばれ、褒賞受賞者の貢献分野とDEVNETとのマッチングを計り、更なる事業化を支援する一般社団法人 国際異業種公友会の設立まで漕ぎつけることが出来ました。

    これも、ひとえに皆様方のご支援の賜物であると深く感謝しております。

    東久邇宮文化褒賞記念会では、『東久邇宮国際文化褒賞』を以って、国籍を問わず社会に貢献する知財を持つ方や、事業を行われている方々を広く顕彰していくと同時に、これまで培われてきた発明や技術をその後の事業化へと発展させるため、人・物・情報・資金の交流を積極的に進める、世界でも他に類を見ない顕彰制度へ育てていきたいと思っています。

      一般財団法人 
    東久邇宮文化褒賞記念会
    代表理事  明川 文保

このページの先頭へ

東久邇宮国際文化褒賞受賞式典イメージ画像