受賞者様のご紹介

これまでに東久邇宮国際文化褒賞を受賞された268名の皆様の中から、ご承諾を頂いた81名の略歴を下記にご紹介いたします。肩書等については受賞時点のものであることを予めご了承ください。なお、受賞者名インデクスは五十音順で、外国名の方は「外」の見出しに一括して掲載しております。また、紹介欄は第1回からの受賞順でお名前を掲載させていただいております。(平成29年12月27日現在)

受賞者名インデクス(お名前をクリックすると紹介欄へ移動します)

  • あ~さ行
  • た~は行
  • ま~わ行
  • 外国籍名

開催日別インデクス(メニューから該当式典を選び同日受賞者の先頭に移動します)



受賞者紹介欄


平成21年3月18日開催

松島 喜一郎  様 / Mr.John K.Matsushima 《米国》

1920年 米国コロラド州生まれ

・コロラド州立大学名誉教授、動物学博士
・モンフォード・フイドロッド コンサルタント
・中国 北京・大連和牛牧場コンサルタント

3大学、50年間にわたる教授生活において門下生は約10,000人にのぼり、Dr. Clayton Yeutter(ヤイター元通商代表・農務長官)等 要人を輩出

《受賞歴》
National 4-H Alumni Award (American Society of Animal Science)
National Association of Meat Purveyors Outstanding Educator Award
Outstanding Educator Award of America
Colorado States University Livestock Leader Aware in 2001
Colorado States University Best Teacher Award    等 多数

平成21年3月18日開催

瀧 秀水  様

写真:瀧秀水様

公式ホームページ
http://www.shusui-taki.jp/
伝統創作版画家、浮世絵師、日本画異色作家

1988年

2008年
フランス絵画彫刻国際展特別栄誉賞、 ベルギー国際現代芸術アカデミープラチナ賞受賞など、国内外の美術展で多くの受賞暦に輝く

2008年 ・国際美術審議会栄誉会員
・ベルギー国際現代芸術アカデミー
永久会員
・ピカソ美術館友好協会正会員
・国立マルク・シャガール美術館
友好協会 正会員
その他、多くの国際的芸術会員を兼任
   
受賞者名インデクスに戻る 

平成21年3月18日開催

劉 鍾 海  様 / Mr. Yoo, Jong-Hae 《韓国》

写真:劉鍾海 1931年 韓国 元山市生まれ

・ソウル大学法科卒業
・米国ミシガン大学政治学博士
・韓国行政学会会長
・ソウル大学総同窓会副会長
・韓米協会理事元大統領政策諮問委員

以上を歴任

《受賞歴》  
金泳三大統領より大統領褒賞受賞(永年教育に関する功労賞)
金大中大統領より大統領褒賞受賞(民主平和統一協議会20年勤続褒賞)  等 多数
受賞者名インデクスに戻る 

平成22年11月19日開催

ダティン 睛代 ロー  様 / Datin Haruyo Lowe  《インドネシア》

  写真:ダティン 睛代 ロー様 インドネシア トリサクティ大学  尼語学科 卒
株式会社サムコマースジャパン代表取締役
株式会社アユン・テラス代表取締役
株式会社オフィス・ロー代表取締役
ホメオスタイル株式会社 取締役
I&C慈善奉仕団体 会長
 
《褒章》
 1999年  ビザンチン皇室より“Grace of Dame”(貴婦人)を授与される。
2001年  King of Malaysia より“Datin ”(男爵夫人)の称号を授与される。
《環境保護活動》

ワシントン条約で売買・捕獲等が禁止されている動物達の保護に取り組む。特にオランウータンについては、島を造り、インドネシア政府と協力しながら、自然に戻す為の保護活動に従事する。


受賞者名インデクスに戻る
 

平成23年3月23日開催

河村 正幸  様

写真画像:河村正幸様 伊勢神宮評議員・神宮崇敬会代議員
愛知縣神社総代会尾北支部長
大縣神社責任役員総代表
愛知縣神社庁協議員・総代会理事
神社総代会尾北支部犬山市連合会長
《活動歴》
環境浄化に係わる事業を営む傍ら、神社総代を務められ、ご遷座2010年を迎える大懸神社の整備、神楽伝承や神田の管理など、神職として献身的にご奉仕されています。
受賞者名インデクスに戻る 

平成23年9月15日開催

韓 羲泳  様 《韓国》

写真画像:韓羲泳様 ソウル大学校経営大学 名誉教授
福井県立大学経済学部 名誉教授
《経歴》

1977年 韓独経商学会会長
1984年 ソウル大学経営研究所所長
            韓国経営学会会長
1986年 韓国商品学会会長
1987年 韓国マーケティング学会会長
1989年 ソウル大学校経営大学学長

《その他》
朴正煕第5代大韓民国大統領の経済顧問を務める。 韓国マーケティング論(1976年、韓国語)、韓国企業経営の実態(1988年:東洋経済新報社、日本語)を初めとして、経済・経営・マーケティングに関する日韓両語による著書、論文は多数。
受賞者名インデクスに戻る 

平成23年9月15日開催

郁 志栄  様 《中国》

写真画像:郁志栄様 中国国家海洋局東海分局調研員
元中国海?東海隊副総隊長
北京大学日本語学科卒業、京都大学法学部国際法研修
華東師範大学研究生?程

 
《日本とのご関係》
中国国家海洋局の要職を務める傍ら、大学教育でも活躍されている。学生時代より日本文化への関心が高く、特に俳句に惹かれ、1000の俳句を集めた句集を出版されるなど、日中の文化交流において重要な架け橋となっておられます。
受賞者名インデクスに戻る 

平成23年11月24日開催

韓 準石  様  《韓国》

写真画像:韓準石様
1930年生まれ
  ソウル大学商学部卒、商学博士
  朴正煕大統領 秘書室経済担当秘書官
  経済科学審議会議常任委員兼事務局長
  韓国生産技術事業団理事長
  韓国海運港湾庁々長
                 等々 要職を歴任
 
・著書(韓国語訳)スティグラー価額論、日本教育の進路、日本人よ祖国文化を失うな
・著書(日本語)文の文化と武の文化 (有斐閣)、平和と喜びのある国 (文芸社)
・論文 「国民所得算定に関する一考察」(修士論文)

第四次五ヵ年経済計画、機械・電子産業部門計画責任者  他多数の役職を務め、朝鮮戦争後の疲弊した韓国に奇跡的な経済成長をもたらした「漢江の奇跡」の立役者として知られる。

受賞者名インデクスに戻る
 

平成24年2月22日開催

潘 慶林  様 / Mr. Pan Qing Lin 《中国》

1953年 生誕
1985年  私費留学生として来日。 この際に知り合った 日本人女性と後に結婚
1989年  北京市釣魚台国賓館にオフィスを構え、日中のビジネスコンサルタントとして活躍
1991年、1993年 世界華僑大会に日本からの代表団として参加

全人代や政協では数少ない「留日派」と呼ばれる日本留学経験者。相手とストレートに向き合うことで 既成の枠にとらわれない交流を展開、日本政府の閣僚や経団連幹部など、知己は幅広い。

そのビジネス経験から、フランスのエアバス社のアジア初進出となる天津工場の誘致に成功するなど 中国国家開発区である「天津経済技術開発区」(TEDA)の発展にも大きく寄与、その功績が認められ、 2009年11月には、TEDAを含む「天津濱海新区」の駐日総代表に就任した。
※国家的要職を多数兼務 
受賞者名インデクスに戻る 

平成24年5月18日開催

佐村 秀夫 様 / Mr. Hideo Samura 《日本》

写真画像:佐村秀夫様
1973年 九州大学大学院工学研究科博士課程
合成化学科修了  工学博士
1973~
1991年
三洋化成工業株式会社入社
研究本部研究員
1991年 新事業開発本部新事業開発部長
2001年 産総研イノベーションズ 副代表
2005年 財団法人日本産業技術振興協会
専務理事就任
《現職》株式会社FSコーポレーション 代表取締役 2010年 産総研イノベーション推進本部
産学官連携部 研究支援アドバイザー
NPO法人環境国際総合機構 環境・資源科学研究所次長
独立行政法人産業技術総合研究所招聘研究員
2011年 産総研 
新燃料自動車技術研究所招聘研究員
     

受賞者名インデクスに戻る 

平成24年10月19日開催

高橋 良一  様

写真画像:高橋良一 様 エコートレーディング株式会社代表取締役会長
関西経済同友会 幹事
 
《活動歴》
昭和46年に国内初のペットフード販売会社を設立され、その先見性と経営手腕により自社を東証一部上場まで発展させただけでなく、業界全体の発展のため、全国ペットフード用品卸商協会を発足させ、初代会長として18年にわたって業界を牽引されました。
 
受賞者名インデクスに戻る 

平成24年10月19日開催

タナワン ブックワン  様 《タイ王国》

タイ王室顧問
タイ王国国王主導プロジェクト委員会会長
 
《活動歴》
アメリカにて工学分野の学位を取得。米航空宇宙局(NASA)でアポロ11号月着陸計画に携ったほか、通信機器大手のモトローラ社などでエンジニアとして先端技術を習得され、母国に戻られた後は、数々の国王主導のプロジェクトに参加し多くの成果を挙げる。
受賞者名インデクスに戻る 

平成25年2月20日開催

鄒 美千代  様

写真画像:鄒美千代様 医療法人社団 王子会 理事長
社会福祉法人神戸中央福祉会 理事
 
医学博士
日本循環器学会認定循環器専門医
日本透析学会透析専門医
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
《活動歴》
兵庫県神戸市を拠点に医療分野に従事。医療法人の運営の他に、社会福祉法人の拡充にも尽力され、地域の人々を心身共に支えてこられました
受賞者名インデクスに戻る 

平成25年10月10日開催

日下野 良武  様

写真画像:日下野良武様 ジャーナリスト
サンパウロ新聞社 元専務取締役
ブラジル熊本県文化交流協会 理事長
日本海事新聞社ブラジル通信員
日本農業新聞特約通信員
熊本学園大学招聘教授
《活動歴》
ブラジル国において日本からの各界要人のインタビューを行い、中南米の国々に記事を提供する重要な役目を果たされてきました。
受賞者名インデクスに戻る 

平成25年10月10日開催

髙橋 一生  様

写真画像:高橋一生様 東日本大災害に対する海外からの支援調査委員会 
委員長
貿易投資円滑化支援事業審査委員会(経済産業省) 
委員長
以下を歴任
 OECD(経済開発協力機構)パリ本部エコノミスト
 FASID国際開発研究所所長
 国連大学客員教授、東京大学客員教授
 国際基督教大学教授 他
 
受賞者名インデクスに戻る 

平成26年1月21日開催

西原 春夫  様

写真画像:西原春夫様 早稲田大学第12代総長 
早稲田大学名誉教授(法学博士)
中国人民大学名誉教授
特定非営利活動法人アジア平和貢献センター 理事長
財団法人日本国際連合協会常務理事
社団法人日中協会理事
 等々多くの大学で名誉職、団体役員等を兼任
《著書》
「刑法実行行為論」(1998 成文堂)
「刑法総論」(1998 成文堂) 等、刑法学会の第一人者として著書多数
受賞者名インデクスに戻る 

平成26年1月21日開催

中川 十郎  様

写真画像:中川十郎 様 日本ビジネスインテリジェンス協会会長
国際アジア共同体学会副代表
日本新技術促進機構特別顧問
米国ニチメン・元ニューヨーク開発担当副社長
 
 
受賞者名インデクスに戻る 

平成26年1月21日開催

田中 光雄  様 

福岡県立朝倉農業高等学校卒、


《職務歴》
福岡県立朝倉農業高等学校(食品製造科)教員:23年間
福岡県立久留米筑水高等学校(食品流通科)教員:15年
福岡県立福岡農業高等学校(常勤講師):6年
福岡県JAにじ農協 地域農事組合長:2年
社会福祉法人伍福会理事 現在に至る

長年にわたり高校教師を務められ、農業及び食品の製造加工流通に従事する多くの優秀な人材の育成に携わってこられました。確かな経験とユーモアを交えた実践教育は、多くの若者たちを魅了し、新規就農者の育成に大きく貢献されています。


平成26年4月10日開催

谷口 誠  様

写真画像:谷口誠様 桜美林大学北東アジア総合研究所 特別顧問
在パリ経済開発協力機構(OECD) 元事務次長
在ニューヨーク国際連合日本政府代表部
元特命全権大使
在パプア・ニューギニア日本大使館
元特命全権大使
第2代 岩手県立大学学長
新渡戸国際塾 塾長
http://www.nitobe.net/home
 
受賞者名インデクスに戻る 

平成26年4月10日開催

久保 定子  様

写真画像:久保定子様 有限会社久保ビル 代表取締役社長
国際ロータリー第2750地区
東京渋谷ロータリークラブ前会長、財団委員長
東京商工会議所 目黒支部評議員
目黒法人会監事 目黒防火防災協会会計理事
 
《活動歴》
女性初の地区会長就任であり、同地区における女性のトップリーダーとして活躍されています。
受賞者名インデクスに戻る 

平成26年6月23日開催

廣瀬 輝夫  様

写真画像:廣瀬輝夫様ご夫妻 秀明大学名誉教授
日本医療経営学会名誉理事長

《経歴》
昭和19年 東京高校 (現東京大学教養学部) 卒業
昭和29年 渡米、シカゴ及びフィラデルフィアで心臓外科研究
昭和34年 再渡米、二ューヨーク市にて心臓外科研究
昭和49年 二ューヨーク医科大学臨床外科教授就任
(平成元年迄)
平成12年 秀明大学医療経営学科長、主任教授就任
(平成18年迄)
平成18年 秀明大学名誉教授
《研究実績等》
・無血開心術のための無血人工心肺を開発 (1966年)
・世界最初の冠動脈直接吻合手術 (内胸動脈冠動脈バイパ ス手術 (1968年))
・手術症例は、一般・胸部・心臓及び血管外科を含め 約3万例を施行、そのうち開心術は7千例
(その他研究実績、医学論文、著書など多数に及ぶ)
《受賞および資格》
・米国医学会より日本人として初めて金メダルを受賞
・米国胸部外科学会評議員、米国血管学会評議員など
(複数の米国医学会評議員を兼任する)
受賞者名インデクスに戻る 

平成26年6月23日開催

久間 武春  様

写真画像:久間武春様 昭和49年に神社本庁より高倉神社(*)他19社の宮司を拝命さる。
これまで福岡県神社庁協議員・理事、神社本庁参与、神宮評議員などを務めてこられ、福岡県神社庁表彰、神社庁総裁表彰等を授与される。
 
*高倉神社(在福岡県遠賀郡岡垣町):日本書紀(巻第八仲哀記)にも記載が伺える由緒ある古社。ご祭神は天照皇大神、・大倉主命(おほくらぬしのみこと)・莵夫羅媛命(つぶらひめのみこと)
 高倉神社ホームページ
http://takakura-jinjya.com/

受賞者名インデクスに戻る 

平成26年6月23日開催

吉村 尚美  様

写真画像:吉村尚美様 東京女子医科大学卒業
熊本大学医学部大学院 放射線医学講座修
現 吉村眼科内科医院副院長
 
《活動歴》
自らの大病を克服した体験から、患者の目線を大切にされ、病に苦しむ人たちに希望と生きる喜びを授ける活動として、国内外で講演やセミナーを数多く展開し、予防医学の啓蒙に積極的に取り組まれています。
受賞者名インデクスに戻る 

平成26年6月23日開催

田島 勝義  様

ウッドモク 代表
公益社団法人 大日本報徳社社員

平成28年4月22日、一般財団法人東久邇宮国際文化褒賞記念会埼玉支部支部長に就任

日本古来の優れた木材の加工を手掛け、独自の発想と長年培われた技術により、名刺や枡など様々な木製加工品を生み出してこられました。地元産の原材料を用い、停滞する地域産業の振興に大きく貢献されています。


平成26年9月18日開催

ユスロン・イーザ・マヘンドラ  閣下 《インドネシア共和国》

写真画像:ユスロン・イーザ・マヘンドラ閣下ご夫妻 駐日インドネシア共和国特命全権大使
ミクロネシア連邦担当大使兼任
《経歴》
筑波大学 法学修士号 取得
筑波大学 国際政治経済学博士号 取得
《博士論文》
『雁行形態モデルの神話性:東アジアに於ける工業・経済発展及 びそのモデルの研究』
《活動歴》
筑波大学に留学され、日本での滞在は13年余を数えるたいへんな知日家で、アジア経済にも精通しその広い知見を基にインドネシアと日本の友好の架け橋になるべく、駐日大使を務められています。
受賞者名インデクスに戻る 

平成26年9月18日開催

北出 亮  様

写真画像:北出亮様 米国ダラス大学 経営大学院産業経営学修士課程修了
元拓殖大学商学部 国際ビジネス学科教授
早稲田大学研究機構招聘研究員
文部科学省検定教科書代表執筆者
日本ビジネスコミュニケーション学会 理事長
国際コミュニケーション科学学会 副会長
国連NGO 世界平和女性連合女子留学生日本語弁論大会実行委員長
 
《活動歴》
 科学としてのコミュニケーション研究に早くから取り組まれ、日本のコミュニケーション学の第一人者として、その普及と教育に取り組まれておられます。その活動は国内に留まらず米国や中国、韓国などでも積極的な学会活動を続けておられます
受賞者名インデクスに戻る 

平成26年11月26日開催

清水 紀代志 様

写真画像:清水紀代志様 中央大学法学部卒
中央大学法学部元講師
日弁連代議員会議長
最高裁判所司法研修所民事弁護教官
司法修習生考試委員  などを歴任
旭日小綬章受章
 
 
《活動歴》
多年に亘り弁護士としてご活躍され、現在は、みずきパートナーズ総合法律事務所を主宰
http://www.mizuki-p.com/
受賞者名インデクスに戻る 


平成27年 3月26日開催

大越 康弘 様

写真画像:大越康弘様 東京大学卒
昭和42年 防衛庁入庁後
 防衛庁人事局長
 防衛庁官房長
 防衛庁運用局長
 防衛庁防衛研究所長 などを歴任

防衛庁退官後は、JEエジソン生命保険株式会社、三菱電機株式会社、日本興亜損害保険株式会社の顧問を務められました。
共生株式会社 代表取締役
 
受賞者名インデクスに戻る 

平成27年 3月26日開催

原田 俊一  様

写真画像:原田俊一様ご夫妻 《実業における経歴》
昭和27年 日本パン技術指導所(大阪)卒業
昭和53年 有限会社原田本店 代表取締役社長に就任
平成15年 株式会社原田に社名変更 取締役会長
 
《製パン業界における経歴》
群馬県パン協同組合副理事長
全国パン協同組合連合会 理事
群馬県パン技術スクール校長
等々、要職に就き業界の発展に大きく寄与される
 
 
《活動歴》
お客様第一、品質第一の経営姿勢を貫き、原田様が社長を務めた平成12年(西暦2000年)には、自社製造パンを洋菓子として加工したラスクを「グーテ・デ・ロワ」ブランドとして記念販売されます。同ブランドは今やラスク菓子の代名詞として全国に広く知られるようになりました。 後に、株式会社原田は優良企業として各賞の栄誉に輝きます。後に、株式会社原田は優良企業として以下の賞を受賞しています。
 平成26年 中小企業研究センター主催 第47回全国グッドカンパニーグランプリ賞を受賞
 平成27年 日刊工業新聞社主催 第32回優秀経営者顕彰で最優秀経営者賞を受賞
受賞者名インデクスに戻る 

平成27年 3月26日開催

岡田 敏子  様

写真画像:岡田敏子様 シャンソン歌手
有限会社 一力一心社 代表取締役
 
《活動歴》
事業の傍ら、地域の様々な団体の要職を歴任され、定期的にご自身によるシャンソンのソロコンサートを開催されています。また、ベル・コロール音楽教室を主宰し、シャンソン・カンツォーネ・童謡・唱歌等の指導と、後進の育成に当たり、音楽を通じて地域におけるたゆまない文化普及活動を続けてこられました。
 
受賞者名インデクスに戻る 

平成27年 3月26日開催

関口 秀充  様

中央大学法学部法律学科卒業

G8行政書士法務事務所 所長 申請取次行政書士
栄ONE合同会社 会長兼業務執行社員
AKURUHI JV人材開発有限会社(ベトナム)
 最高経営顧問
国際異業種協同組合 常務理事

《活動歴》
行政書士として、外国人在留資格許可申請の実績を数多く積む傍、ベトナムに進出し数々の事業を手掛けてきた。特に、外国人技能実習受入事業を通じて、現地若者の人材育成に尽力してきた。
その中で、外国人技能実習制度の国際貢献、技術移転という目的に適うよう、その適正化に向けた改革を推し進めている。将来的には、帰国した多くの外国人が現地にて日本で修得した技術を活かした起業を実現できるプロジェクトを遂行しいている。


平成27年 3月26日開催

越本 還次郎  様

1969年 慶応大学日本語学科卒、
1973年 東京農業大学栄養化学科卒
1973年~1978年:製油会社へ研究生として入社
1977年~1980年:在日ベトナム国大使館勤務
1979年~1985年:NHK国際局アナウンサー
1985年~2011年:日本企業のベトナム駐在事務
所長を歴任
2013年~現在:NOSCO海運及び人材派遣有限会社         役員


多年にわたり、越日友好を貿易・人材交流の分野で推進してこられました。 近年は特に、日本への技能実習生派遣に尽力され、日本の中小企業と ベトナム人材の架け橋として多大な貢献をされています。


平成27年 5月21日開催

久保内 卓亞  様

写真画像:久保内卓亜様 東京大学法学部卒
裁判官に任官後、平成16 年の退官まで以下を歴任
・最高裁経理局主計課長・総務課長
・東京地裁民事部総括判事
・司法研修所民事裁判教官、司法試験委員、司法
 修習生考試委員
・裁判所書記官研修所所長
・東京高裁民事部総括判事( 裁判長)

日本公証人連合会会長・顧問
公証人国際連合アジア委員会設立日本代表発起人
瑞宝重光章受賞(平成24 年秋)
 
受賞者名インデクスに戻る 

平成27年 5月21日開催

大野 穣  様

写真画像:大野穣様 演歌歌手・俳優・作詞作曲家
 
《活動歴》
芸名・北島三郎として、長年にわたってテレビ・舞台で大活躍され、その功績は多くの日本国民の知るところです。


   
 
受賞者名インデクスに戻る 

平成27年 5月21日開催

髙橋 慧  様

写真画像:大野穣様 農学博士(九州大学)
髙橋酵研株式会社 代表取締役社長 兼 CTO
 
《活動歴》
長年にわたり酵素の研究を続けてこられ、自然の恵みを人々に還元する酵素加工のパイオニアとして、同分野の技術革新に尽くされました。

 
受賞者名インデクスに戻る 

平成27年 5月21日開催

緒方 正年  様

写真画像:緒方正年様 ワイエスフード株式会社 名誉会長
 
《活動歴》
「一杯のラーメンをお客様に満足していただく。」という創業当時からの理念を頑なに守り、博多ラーメンでもない久留米ラーメンでもない『筑豊ラーメン』という独自のブランドを創生されました。国内のみならず海外への出店も積極的に進めると同時に、株式を公開されるなど、九州・福岡・筑豊を代表する食のブランドを築きあげられました。

ワイエスフードHP : http://ys-food.jp/
 
受賞者名インデクスに戻る 

平成27年 5月21日開催

富田 千鶴子  様

写真画像:富田千鶴子様
(式典当日は代理人が受賞されました)
熊本県人吉温泉 鍋屋本館 女将
人吉温泉女将会 さくら会 会長
 
《活動歴》
熊本県人吉市で、創業186年を迎える老舗温泉旅館の女将として活躍される傍ら、人吉温泉郷の旅館の女将の会「さくら会」を主宰し、様々な催しや観光PRに奔走され、地域の振興のために大活躍されています。

 
受賞者名インデクスに戻る 

平成27年 9月25日開催

林屋 晴三  様

写真画像:山縣 勝義様 日本陶磁器協会副理事長
東京国立博物館 名誉館員
元菊池寛美記念智美術館 館長
 
《活動歴》
東京国立博物館にて長年にわたって日本の陶磁器の研究に取り組んでこられ。日本固有の伝統である茶の湯文化の伝承、そしてその器である陶磁器の魅力を世に広め、この分野の第一人者として、大きな足跡を残されています。勅使河原宏監督の松竹映画「利休」「豪姫」の作成にも尽力され、数々の美術館の要職にも就かれました。
《著作等》
世界陶磁器全集12巻 日本の陶磁14巻 角川茶道大辞典編集
高麗茶碗、陶器全集15巻 原色日本の美術
名碗を観る 千宗屋、小堀宗実共編、その他
 
受賞者名インデクスに戻る 

平成27年 9月25日開催

山口 喜久二  様

写真画像:山縣 勝義様 ジャパンローヤルゼリー株式会社
 取締役相談役最高顧問
中国国立雲南農業大学 大学院教授
東北福祉大学 特任教授
中国養蜂学会 名誉顧問
 
《活動歴》
創業以来50年余りにわたり養蜂そしてローヤルゼリーの研究開発に取り組み、良質な蜂産品(蜂蜜・ローヤルゼリー)を求めて中国の無汚染地域で有機養蜂を実践してこられました。その経験を通して確立された自然養蜂理論は世界各国で認められ、様々な学会や大学などで要職を務められるなど、業界を大きく牽引されておられます。
 
受賞者名インデクスに戻る 

平成27年12月 2日開催

林 諄  様

写真画像:山縣 勝義様 株式会社日本医療企画 代表取締役
株式会社日本政経文化社 代表取締役
株式会社ヘルスケア総合政策研究所 代表取締役
 
《活動歴》
サンケイ新聞社東京本社にて新聞記者、編集企画委員としてご活躍の後、介護分野に係わる専門出版社を創業され、わが国初めてとなる医療介護分野での経営情報発信を始められました。同時に一般社団法人日本医療経営実践協会、一般社団法人日本介護福祉経営人材教育協会など、各種団体の創設や運営に携わり、経営者と成りうる人材の育成に尽くされ、今日の同業界を支えてこられました。
 
 
受賞者名インデクスに戻る 

平成27年12月 2日開催

松永 勝郎  様

写真画像:山縣 勝義様 株式会社松永畳店 代表取締役
畳生活提案協同組合 理事
特定非営利活動法人畳文化保存会 理事
 
《活動歴》
元禄15年(1702年)創業の畳店の主として、多年にわたり畳一筋に歩んでこられ、畳がつくる日本の住まいをテーマに日本の伝統である畳文化、そしてそれを支える匠の技の伝承に多大な貢献をされました。

 
受賞者名インデクスに戻る 

平成28年 2月19日開催

趙 成圭  様  《韓国》

写真画像:趙成圭様 延世大学校文科大学 名誉教授
オハイオ州マイアミ大学名誉人文学博士
 
《主な研究/活動歴》
日本統治下の旧制ソウル竜山中学校在学時に終戦を迎える。その後、朝鮮戦争の動乱の中で軍の英語教官を経て英文学の道を歩む。

  • 米国砲兵学校砲兵学科韓国初級・高級砲兵将校再訓練通訳
  • 韓国陸軍士官学校教授部英語教官(大尉-少佐)・予編
  • 延世大学校文学院英語科にて韓国パイロットプロジェクトの英語教官を務める
  • 韓国マークトゥエイン学会 初代会長
  • 韓国アメリカ学会会長
  • 延世大学校韓国語・日本語学堂長
  • 同志社大学にて韓国語教育
  • Lykeion 院長(ソウル)
 
受賞者名インデクスに戻る 

平成28年 2月19日開催

早田 俊輔  様

写真画像:早田 俊輔様 JSK人材 代表CEO
株式会社未来環境エナジー 執行役員
元興和株式会社 執行役員
 
《活動歴》
多年に亘り医薬業界に務めてこられた豊富な経験と幅広い人脈を活かし、新薬やジェネリック薬剤の普及に貢献されてきました。現在では、ベトナムと日本の技術移転、人材交流に大きく寄与されています。
 
 
受賞者名インデクスに戻る 

平成28年 4月22日開催

嶋野 文太  様

写真画像:嶋野 文太様 有限会社 島野養魚 代表取締役社長
 
《活動歴》
四国香川県において、長く漁業に携わってこられました。特にはまちの養殖に精魂を傾け、地元特産のオリーブを用いた養殖技術を確立してブランド化するなど、地域の振興や食文化の発展に大きく寄与されておられます。
 
 
受賞者名インデクスに戻る 

平成28年 4月22日開催

若林 由起夫  様

写真画像:若林 由起夫様 PRB INTERNTIONAL CO.,LTD. 会長
KYOB CO.,LTD.会長、 CRME CO.,LTD.会長
タイ王国内務省認可財団法人
 タイ-日本リレーションズ 代表理事
シリントーン王女国際環境公園財団 顧問
 
《活動歴》
多年に亘ってタイ王国において、日系企業の支援事業に尽力されています。タイと日本の友好親善に邁進され、座右の銘は、「意志有るところに未知有り、されど道有り。」です。
 
 
受賞者名インデクスに戻る 

平成28年 6月24日開催

山本 洋介  様

写真画像:山本洋介様 大相撲錣山(しころやま)部屋部屋付親方
現役時代の四股名は「豊真将紀行」
 
《経歴》
平成12年 埼玉栄高校 卒業
      日本大学 入学
平成16年 日本相撲協会 初土俵
平成18年 十両昇進
平成23年 三役昇進
平成27年 引退
      年寄「立田川」襲名
平成28年 断髪式
 
受賞者名インデクスに戻る 

  平成28年 9月20日開催

ソドムジャムツ・フレルバータル  様  《モンゴル》

モンゴル国立教育大学卒
旧ソ連・モスクワ国際関係大学卒
旧ソ連・外交アカデミー卒

《職歴》
1976年~1981年 外務省アジア局職員
1981年~1987年 駐日モンゴル国大使館
         理事官・三等書記官
1987年~1989年 外務省アジア局 二等書記官
1989年~1991年 旧ソ連・モスクワ外交アカ
          デミー留学
1991年~1996年 外務省 アジア・オセアニア局長
1997年~2001年 駐日モンゴル国特命全権大使
2002年~2005年 外務省 政策企画・情報・評価局参与
2005年~2008年 外務省 アジア局長
2008年~2011年 駐朝鮮モンゴル国特命全権大使
2012年~現在  駐日モンゴル国特命全権大使

45年に及ぶ歴史の中でモンゴルと日本の外交において駐日特命全権大使を務められる等、40年の両国交流発展に係わってこられました。両国関係を「戦略的パートナーシップ」という高いレベルに押し上げた最大の功労者と言われています。


平成28年 9月20日開催

堂道 秀明  様

東京大学法学部卒

《活動歴》
1972年 外務省入省
1986年 経済協力局政策課 
     課長補佐/首席/企画官
1995年 在エジプト大使館 公使
1999年 官房審議官兼経済協力局
     在インドネシア大使館 公使
2003年 中東アフリカ局長
2004年 特命全権大使 イラン
2007年 特命全権大使 インド・ブータン
2011年 特命全権大使 経済外交担当
2012年 独立行政法人国際協力機構 副理事長
2016年 独立行政法人国際協力機構 顧問

多年にわたって、わが国の外交分野に携わってこられました。 イランやインド・ブータンの特命全権大使をはじめとして各国の 日本大使館の主要な地位を務められ、また、国際協力機構の副理事長としても、
日本と諸外国との経済外交に大きく寄与されました。


平成28年 9月20日開催

レ・カオ・ルオン  様  《ベトナム》

《経歴》
1997年~1999年 ホーチミン市のノン・ラム農業
         大学で農学を学ぶ
1999年~2005年 環境保護研究センター研究員
2005年~2008年 南オーストラリア アデレード
         大学修士課程で昆虫学研究
2008年~現在   ホーチミン市農業局植物保護課
         にて研究員および講師
2011年~2012年 ドイツGIZの支援による、
         ベトナムにおけるココア価値
         連鎖の保護
2011年~2012年 他カカオプロジェクトへの参加 
2013年~     米国にてカカオ(栽培)トレーニングへ参加
2013年~2016年 ココア・トゥロン・ドゥイ会社におけるココア農場開発及びココア加工品
          コンサルタント兼アドバイザー   

多年にわたって農学を学ばれ、ベトナムにおけるカカオ樹木栽培ならびにその加工製造に大きく係わってこられました。 その知識と経験はカカオ栽培のエキスパートとして大きく期待され、 ベトナムと日本のこれからの協力関係に大きく寄与されることでしょう。


平成28年 9月20日開催

ダン・トゥン・カン  様  《ベトナム》

《経歴》
2003~2005 ベトナム式農業の見直しとメコン
       デルタ地帯における木材業
2006~2010 高級軍医の父親に同行し、ドン・
       ナイ郡でカカオ樹木の栽培。
       カカオの栽培技術を学び、自ら
       父のためにココアビジネスを行う
2011~現在  父は引退したが、相談役として残る
       その後、ココア・ホン・ドックカン
       パニーのディレクターとしてココア
       ビジネスに専念することとなった。
2011~2012 他カカオプロジェクトへの参加 
2013~    米国にてカカオ(栽培)トレーニングへ参加
2013~2016 ココア・トゥロン・ドゥイ会社におけるココア農場開発及びココア加工品コンサルタント
       兼アドバイザー   

長年かけて習得したカカオ樹木の栽培技術を元に、アジアや欧米で研鑽を積み、持続可能なカカオ農場開発の担い手として、地域農業の振興に大きく寄与されています。また、カカオ栽培とその加工技術の普及のために、日本との協力関係構築を進めておられます。


平成28年 9月20日開催

ホアン・バン・ス  様  《ベトナム》

《活動歴》
1982年      ハノイ総合大学 卒
1982年~1987年 貿易(自営)業開業
1988年~1992年 ベトナム政治・経済の研究所の
         専門家
1983年~現在   TRADECO貿易&国際人材派遣
         株式会社を創立
         代表取締役社長就任
       


多年にわたり母国ベトナムと日本との友好親善に係わり越日両国間の 人材交流や貿易振興に大きく貢献され、これからの更なる活躍が期待 されています。


平成28年 9月20日開催

岡本 武志  様

1990年 中央大学 経済学部産業経済学科 卒

《職歴》
1990年  千代田火災海上保険会社
      (現あいおいニッセイ同和損保)入社
2004年  税理士法人鯨井会計グループ
2004年~2010年 株式会社筑波マネジメントコン
         サルタンツ 代表取締役
2004年~2013年 株式会社つくば相続支援セン
         ター 保険総合代理店
2013年~2016年 税理士法人鯨井会計
                                  人事総務担当
2013年~ S6 BUSINESS SOLUTION COMPANY LIMITED (ベトナム)

日本の会計事務所のアウトソーシングカンパニーの立ち上げで 単身ベトナムに赴任、現地社員に対する教育ノウハウを活かし、 業務外でボランティアの日本語教室を開催、延べ200人近くの 若者に対し、日本語と日本文化を教えてこられました。 今後も、今までのビジネス経験を活かしながら、 日越両国の文化・経済関係の発展の架け橋となるべく活動しておられます。


平成28年 9月20日開催

岡林 寛人  様

岡山県立高松農業高等学校卒

《活動歴》
2001年 (有)SOBER GROUP入社
     ※西麻布に展開する外食グループ
2004年 西麻布ムスーOPEN ※独立起業
2006年 (株)GRACE 設立 
     ※飲食店舗運営/コンサルティング
2014年 (株)New Gate設立 
     ※飲食店舗運営、コンサル、M&A
~現在に至る

外食産業に身を置いて、日本のおもてなしや和食の技術を伝える 店舗の運営、またそのコンサルタントを行うなど、日本食の世界への普及 に尽力され、若き事業家として大変期待されています。


平成28年12月7日開催

チャワリット・ヨンチャイユット  様  《タイ王国》

タイ王国 元首相

タイ王国において陸軍士官学校を主席で卒業後、陸軍参謀長・陸軍司令官・国軍最高司令官代行などを歴任され、政界においては 首相や国防相などタイ政府の枢要な地位で活躍されました。首相在任中は、日本との経済文化交流を推進され、泰日両国の外交や経済協力の礎を築かれました。

※代理受賞 パクディ・タナプラ様


平成28年12月7日開催

スリン・ドゥンヴァタナチット  様  《タイ王国》

タイ - 中国文化経済協会 経済委員会会長

タイ王国の金融や不動産分野で数々の要職を務められ、 またタイ政府の経済や外交のアドバイザーとして活躍されました。 アジア諸国との経済文化交流に尽くされ、特に中国との経済協力を推進されています。




平成28年12月7日開催

神崎 順  様

桐朋学園大学短期大学部芸術科演劇専攻 卒

多年に亘って舞台で活躍されています。 ハートを届ける歌唱力と華やかな容姿を武器に、踊れる強みも生かし、 レビューやショーでの出演にとどまらず、作詞作曲振付などの総合演出でも 力を発揮され、Revue文化発展の為に尽力されています。

日本初、世界初の、男性がメインを務める華やかなレビューショーの仕掛け人でもあります。 また、かわさき産業親善大使として川崎市の文化発展に注力されています。 代々木公園野外ステージでのベトナムフェスティバル2017にも出演されました。


平成28年12月7日開催

西田 祐子  様

【留学歴】
 
ライプチヒ大学
バイロイト大学
ブレーメン大学
ドレスデン ゲーテインスティテュート
ベルリン ゲーテインスティテュート
デュッセルドルフ ゲーテインスティテュート
タイバンコク ベルリッツ英語雅楽
ベルリンGLS 
               その他多数

ドイツ語の翻訳や通訳に長年携わり、ビジネス一般から、家電、福祉、食品、アンティーク、ペット、化粧品、健康関連に至る、 多くの分野で活躍されています。中でも2002年、2006年のFIFAワールドカップでの各種対応や世界一周航路 でのセレモニー通訳など、日独両国の友好親善に大きく寄与されています。


平成29年 3月8日開催

ドゥアン・ズイ・クオン  様  《ベトナム》

豪州ウーロンゴン大学院経営学博士課程修了
(1997年)

ベトナム商工会議所 副会頭
ベトナム-アセアンビジネス諮問評議会 代表
持続可能な開発に向けたビジネス評議会(VBCSD)
 共同議長
ベトナムビジネスフォーラム 主幹
ベトナム-スロバキア友好協会 代表
オーストラリア国際同窓会大使

ベトナム商工会議所の副会頭として活躍されています。長年にわたってベトナム企業の支援に係り、商工業の改善と発展に尽くされるなど母国の経済発展ならびに近代化の礎を築かれました。


平成29年 3月8日開催

グエン・ハン・フン  様  《ベトナム》

Becamex IDC Corp. 代表取締役・最高経営責任者
Becamex Tokyo 株式会社 代表取締役
Setia Becamex 共同出資会社 代表取締役

多年に亘ってベトナムに係るインフラ設備の構築や金融医薬品の開発販売など様々な 分野で活躍されています。また、日本企業との合弁事業を手掛けるなど越日両国の経済交流や友好 親善そして母国の繁栄発展に大きく貢献されています。

※代理受賞 チャン・ティ・キム・ティ様


平成29年 3月8日開催

リー・ゴック・ミン  様  《ベトナム》

MINH LONG 1 CO.,LTD. 代表取締役社長
BICARA Binh Duong 製陶協会 会長

多年に亘ってベトナム製陶業界に深く係ってこられました。地域の経験豊富な職人の技能と最先端技術そして近代的な機械設備を融合させ、その製品をドイツや日本へ輸出するなど、陶磁器製造業界の発展と近代化そして地域振興に大きく貢献されています。

※代理受賞 リィ・フィ・サング様


平成29年 3月8日開催

ファム・ティ・フゥアン  様  《ベトナム》

JOINT STOCK COMPANY BA HUAN 代表取締役

長年にわたってベトナムにおける養鶏業を支えてこられました。動物性たんぱく質であるブロイラーや鶏卵などの食文化を母国に根付かせると同時に養鶏業の工業化そして近代化を大きく進められました。

※代理受賞 グエン・ティ・タイン・ヒエン様

 


平成29年 3月8日開催

グエン・トゥイ・ズオン  様  《ベトナム》

BLOOM SPA - JAPANESE SPA /
BELLA Technology Vietnam JSC
             創設者/最高責任者
ベトナム歌舞オペラハウス 歌手
SONG HONG 国際マンパウアー&商事会社 副社長

ベトナムにおいて健康増進や美容のためのサロンを多数展開しておられます。また、そのサロンには日本の先端技術やサービスを多く取り入れるなど、日本との係りも深く越日両国の友好と親善に大きく寄与されています。


平成29年 3月8日開催

佐々木 広行  様

株式会社エステプロ・ラボ 代表取締役会長

(社) 日本医療・美容研究協会 副理事長
(社) 日本酵素・水素医療美容学会 副理事長
(財) 未来医学財団 理事
(社) アジアアンチエイジング美容協会 理事
日中発展協会 理事
ビューティービジネスコンプライアンス研究会
 発起人代表


広告代理店事業やエステサロン運営を手掛ける傍ら、「美容を入り口として、健康寿命の延伸に貢献する」事を目的として酵素飲料やサプリメントの開発に携わってこられました。現在では全国1万店舗以上に商品を供給され、業界のトップランナーとして走り続けておられます。


平成29年 3月8日開催

安井 一成  様

朝日放送株式会社 テレビ制作部プロデューサー

東京大学工学部化学生命工学科卒業
朝日放送株式会社入社

報道局ニュースセンター記者を経て、制作局テレビ制作部へ移動。バラエティ番組やドラマのディレクターおよびプロデューサーを務める。

現在は、「旅サラダ」や「新婚さんいらっしゃい」のプロデューサーを務められるなど第一線でご活躍中です。また、日本初となるハッカソンをテーマにした「ABC Hackathon」を立ち上げ、モノ創りを軸に関西経済の盛り上げに奔走されています。


平成29年 3月8日開催

関口 静  様

Japan Beauty Style Bloom CMO
栄ONE合同会社 代表社員
愛do塾 塾長

学習塾の経営やベトナムでのエステサロン展開など多方面で活躍されています。ベトナムに日本式の技術や接客術、集客アップのためのマーケティング戦略を伝えるなど、指導的立場も担い、若き女性実業家として大きな飛躍が期待されています。

 


平成29年 4月20日開催

リー・ゴック・バック  様  《ベトナム》

CUONG PHAT CO., LTD.  代表取締役

多年に亘って、陶器製品全般の卸しや販売に携わるとともに、経営者として数多くの手腕を発揮され、企業の堅実な成長と国際市場への積極的な参入によりベトナムの陶器業界に大きな足跡を残されました。

 

 


平成29年 4月20日開催

中嶋 将  様

アグリジャパン株式会社 代表取締役

アグリジャパンという名のベンチャー企業を立ち上げ、水耕栽培技術の研究開発を続けておられます。気候や土壌に左右されない野菜の工場栽培によって150グラムのレタスを25日で栽培するなど、先進国から途上国までグローバルに普及を目指し、日夜活躍されています。

 


平成29年 4月20日開催

三宅 秀晃  様

ベトナム、ホーチミン在住

Spice Up Vietnam Co., 専務取締役 
株式会社インタークリエーションズ
 代表取締役社長

大手総合情報企業でシステムエンジニアとして活躍の後に、ベトナムにて、学生と社会人向けの海外研修事業やカフェの運営、そしてベトナムでの生活や観光、日本企業の進出に係る各種情報発信に携わるなど、両国の架け橋となって大活躍されています。


平成29年 6月 9日開催

濱屋 勉  様

阪南理美容株式会社 代表取締役

有限会社ハマ 代表取締役社長
株式会社プラス 代表取締役社長
有限会社プラス建設 代表取締役社長
株式会社プラス横浜 代表取締役社長

昭和35年 5月 濱屋理美容院 開業
昭和53年12月 有限会社 ハマ 設立
昭和59年 5月 阪南理美容株式会社 創立
       全国展開へ

平成5年    理美容業界年商日本一 達成
       現在(平成28年)までの23年間、一位を維持
平成26年  カンボジア 濱屋農園 開設
      ・カンボジア復興支援の一環として、総面積 1,000haの土地を購入
      ・内、200haに20万本を植付けた胡椒畑を運営
      ・平成29年、4年目にして一部(約4分の1)の初収穫を迎え、50万tの出荷を準備中
      ・農園従業員300名の雇用と、宿舎を建設
      ・生活を共にする従業員家族に子供が増え、近隣への学校設立も構想中
      ・カンボジア首相夫人が会長を務める同国赤十字社へ毎年寄付を続けている

半世紀以上にわたって、理美容業界に係ってこられました。「お客様に感謝の気持ちで!」を信念として、サロンの展開はもとより、様々な関連事業も手掛けられ、現在に至るまでの20年以上にわたり業界売上日本一を続けられるなど、理美容業界を力強く牽引されています。その傍らでは、カンボジアへの復興支援として、現地にて農園事業を展開され、300人を超える雇用の創出、宿舎や学校を建設するなど、国境を越えて社会に貢献され、立志伝中の人として大きな足跡を残されています。


平成29年 6月 9日開催

井出 隆夫  様

株式会社髪剪處 代表取締役社長
株式会社 玄 代表取締役
職業訓練校 湘南ヘアスタイリスト学院 会長
厚生労働大臣指定養成校
 湘南ビューティーカレッジ 学校長
全日本理美容健康保険組合 理事長
特定非営利活動法人日本理美容技能協会 副理事長
かながわ理容美容協同組合 理事
(社)国際トータルビューティー協会 理事長
JUHAチャンピオンクラブ 幹事長
大臣許可職業紹介事業所ビューレックス 所長
特定非営利活動法人そだちサポート 理事

多年に亘って理美容業界に深く係ってこられ、その技能は、神奈川県やオールジャパン、そして国際的なコンテストで優勝されるなど折り紙付きで、技術とサービスをモットーに、国内外に240を超える店舗網を築かれました。また、これからの業界を支える人材の確保とその育成のために、外国人の登用にも積極的に取り組まれ、技能実習生などの制度を活用し、国際循環型教育として技術者の底辺拡大に尽力されています。


平成29年 6月 9日開催

水野 耕太郎  様

株式会社マインドサーティ 代表取締役

カナダへ留学された後に、数年かけてヨーロッパのほぼ全域を廻られ、グローバルな文化交流や多くの人脈形成を財産として、日本の良き文化の発信に係っておられます。企業や個人の広告戦略に新風を吹き込み、企画から制作製造に至るまでを一元的に運営する画期的な手法が注目されています。

 


平成29年 9月 7日開催

ファン・タイン・タン  様  《ベトナム》

アクルヒグループ会社 代表取締役会長


1998年  アクルヒグループ会社 3名で設立
2001年  ホーチ・ミン市大学経済学科 卒業
2006年  ホーチ・ミン市第一区区議員 当選
2017年  アクルヒグループ会社 以下業績を達成
      従業員数 500名
      スーパーマーケット 5店舗
      レストラン 10店舗

ベトナムホーチミンにて、区議会議員を務める傍ら、従業員500名を抱える企業グルー プの総帥であられます。事業では、90年代にベトナムにていち早く日本食に着目され、日本食材の 輸入や卸、それを取り扱うスーパーマーケットそしてレストランなど、多くの店舗を展開されていま す。また、日本への技能実習生送出し機関も有され、ベトナムと日本を股にかけるベトナムを代表す る若手実業家として大活躍されています。


平成29年 9月 7日開催

大鳥居 裕明  様

有限会社ネイチャープレス 代表取締役

長年に亘って医療機器や医薬品の開発販売に携わってこられました。地域屈指の 大学病院や著名な医師と連携して多くの機器や医薬品を世に送り出し、地域医療をしっかりと支 えるとともに、地域社会の振興に努められています。





平成29年 9月 7日開催

大石 由紀子

Tada Parking Lot 代表取締役

多年に亘って人身売買の根絶を目指し、人権保護活動に従事されてきました。 人身売買の外国人被害者のための相談窓口を神戸の自宅に開設され、被害女性の心のケアや、その支援を行い、同時に国連アジア極東犯罪防止研修所保護司や人身売買の世界顧問議会バイタルボイスでは初の日本人メンバーとして、その広報や啓蒙活動を続けておられます。 また、Newsweekの世界が尊敬する日本人の一人として坂本九や尾形光琳らとともに取り上げられました。


平成29年 9月 7日開催

片柳 秀信  様

株式会社BROTURES トレーナー

若くして独自のトレーニング理論を編み出され、世界の名だたるアスリートや著名人 をはじめ、多くの方々の美容と健康を支えておられます。そのトレーニング方法は書籍化され、国 内外で販売されるなど、現在多くの注目を集めている若き人材です。





平成29年12月 5日開催

村田 兆治  様

元プロ野球選手


1967年 ドラフト1位で東京オリオンズ
    (現:千葉ロッテマリーンズ)入団
1971年 金田正一監督のアドバイスを元に投球
     フォームを大幅改造。後に代名詞となる
     「まさかり投法」の原型を編み出す。
1974年 ロッテの日本シリーズ制覇に貢献
     胴上げ投手となる。
1976年 年間21勝をあげ、最優秀防御率の
     タイトル獲得

1981年 開幕11連勝を飾り、年間19勝で最多勝タイトル獲得
1982年 右ひじを痛め手術、約3年間のリハビリを経て復活
     中6日で日曜日登板が続いたことから「サンデー兆治」と呼ばれた
1990年 二桁勝利をあげるも現役引退
     現役23年間で通算215勝
     現役引退後、 NHK解説者、日刊スポーツ評論家、福岡ダイエーホークス一軍投手コーチを歴任
2005年 野球殿堂入り

※現在は、評論家としての活動とともに、全国各地を廻って少年野球の指導に取り組む。 特に離島の子供たちへの少年野球教室をライフワークに、延べ100回以上訪問している。2007年からは、全国離島交流中学生野球大会(通称:離島甲子園)を開催


平成29年12月 5日開催

藤巻 篤子  様

1962年 新潟大学医学部 入学
1965年 結婚
1966年 長女出産
1967年 二女出産
1968年 新潟大学医学部 卒業
     三女出産
1969年 新潟大学医学部眼科学教室 入局
1971年 四女出産
1978年 新潟大学医学部眼科学教室 退局
     藤巻眼科クリニック開院(富山市)
2008年 同院 閉院

歴任  FMトヤマ番組審議委員、富山市民文化事業団参与
現職  木戸クリニック非常勤医師、光ヶ丘病院非常勤医師、富山大学眼科非常勤医師
    日本女医会富山県支部長、富山県アイバンク理
活動  多年に亘り自らの体験に基づいた講演や、趣味の歌を活かしてのチャリティーコンサート
    などを富山県を中心に国内外で開催


平成29年12月 5日開催

村上 尊宣  様

株式会社エコファクトリー 代表取締役社長

多年に亘って省エネルギー機器の開発製造に携わってこられました。特に空調分野のエネルギー消費削減を目指し、エネルギー効率が高いとされる「輻射」による熱移動の原理に着目し、ハイブリッドサーモシステム エコウィンを開発、製品化されました。

そのシステムはエコプロダクツ大賞エコプロダクツ部門「国土交通大臣賞」やものづくり日本大賞優秀賞、地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞するなど、地球温暖化抑制そして循環型社会の構築に貢献する事業として大きく注目されています。
受賞歴
 第四回エコプロダクツ大賞 エコプロダクツ部門国土交通大臣賞
 JAPAN SHOP SYSTEM AWARDS 2008 奨励賞
 第四回九州環境ビジネス大賞 大賞
 平成27年度地球温暖化防止活動 環境大臣表彰 技術開発・製品化部門 
 平成27年度第17回グリーン購入大賞 審査員奨励賞
 ものづくり功労者熊本県知事表彰                               
 他 多数


平成29年12月 5日開催

月妃女  様

源氏物語に登場する女人たちの「奥ゆかしさ」という美しさに感化されて、和服に身を包む。

隠しても隠しきれない内面美を磨くべく、日本舞踊の名門流派に弟子入りし、名取そして師範となる。

閉ざされていた日本舞踊の世界の鎖国を解き、語り部として、舞い手として日本の伝統文化を伝える。

さらに自ら新作を生み出すことに余念がなく、やまとなでしこの精神美・日本の伝統を芸術的に啓蒙する。舞で女性性の目覚めを刺激する。

舞踊実績
 ヨーロッパ初の神社「サンマリノ神社建立式典」にて奉納舞
 伊勢神宮式年遷宮での奉納舞
 靖国神社(ダライラマ元側近・現ブータン王国顧問ベマ・ギャルボ氏と奉納)
 武久夢二生誕130周年記念コンサート
 八甲田神社鎮座45周年記念大祭
 インド(国際文化交流 デリー・ベナレス・カジュラホにて)
 氷川神社 明治天皇150周年祭り               他多数


平成29年12月 5日開催

伊藤 建也  様

式会社田中重機運輸  代表取締役
株式会社ライナー   代表取締役
株式会社TGサルベージ 代表取締役
株式会社結基工業   代表取締役

多年に亘って建築・土木そして機械に関する重量物の輸送に従事されています。 巨大ビルや商業施設の土台となる重量鉄骨などを、専用のトレーラーや高度の技術を要する乗務員により、安全第一の輸送に取り組まれています。また同時にフィリピンの地方都市において農業や飲食業にも参画され、地域の子供たちに食料や文房具を届けるなど、グローバルに活躍されています。


平成29年12月 5日開催

中谷 一空  様

医療法人社団 一志会 木更津きらら歯科 理事長
日本口腔インプラント学会 専修医
日本歯周病学会 認定医
国際口腔インプラント学会 認定医
 (ICOI Fellow)

歯科診療を通じて、多くの著名人や地域住民の方々の笑顔と健康をサポートされています。最新の機器と技能、そして多くの専門スタッフを取りそろえ、プライバシーや衛生面にも、とことんこだわった新しい形の診療を目指し、日夜ご活躍中です。


平成29年12月 5日開催

福井 雄大  様

株式会社BROTURES 代表取締役
株式会社DOGGY BRO 代表取締役

多年に亘ってアウトドアスポーツに係り、日本にピストバイク文化をもたらすと同時にペット関連事業にも取り組まれています。国内のペット産業の現状を憂い、ドッグフードやサポート用品の研究を重ねられ、愛犬と人がともに健康で暮らせる生活のために、日夜真摯に事業に取り組んでおられます。



このページの先頭へ

イメージ画像